とびひ

読み仮名: とびひ

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 皮膚・毛
  • [同義語]


関連用語

伝染性膿痂疹。あせも・虫刺され・湿疹などから発生した傷にブドウ球菌、溶連菌による感染。化膿、水疱を生じ、幼児に多く発症する。。伝染性が高くあっという間に広がることから飛び火(とびひ)と呼ばれる。
水泡を形成する水疱性膿痂疹と硬いかさぶたを生じる痂皮性膿痂疹がある。炎症が強い場合など全身に症状が及ぶことがある。
皮膚を清潔に保ち、手を洗う、あせもや湿疹を掻かない、爪を短くする、鼻をいじらないなどにより予防する。ペニシリン系抗生物質の投与などで治療する。

▼とびひ 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。