がん性疼痛

読み仮名: がんせいとうつう

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 全身
  • [同義語]


関連用語

がん疼痛は、がんという診断をうけてから死亡するまでに生じる痛みのことである。原因として、腫瘍の浸潤や転移などや、がんの治療(外科治療、化学療法、放射線療法)に付随するもの、 全身衰弱の結果としてのもの、 などが挙げられる。

▼がん性疼痛 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。